『ミールタイム焼餃子』を使ってたんぱく質調整メニュー

餃子の中華風鍋
  • 腎臓病

聖隷浜松病院 管理栄養士 佐々木達雄先生が考案!

餃子の中華風鍋

カロリー 240 kcal
塩分 1.3 g

※1人あたりの計算量です。

カロリー
240kcal
疾病
腎臓病
社名
ファンデリー
商品名
ミールタイム焼餃子
病院名
聖隷浜松病院
栄養士
佐々木達雄先生

たんぱく質や塩分制限の必要な腎疾患の方や、高血圧、心疾患、脳疾患、またエネルギーの気になる方におすすめです。 たんぱく質と塩分が調整されていると思えないほどおいしく、大きさも1個16gと食べやすいです。 レンジ加熱で調理が簡単なため、野菜の苦手な方や、一人暮らしの方にも召し上がって頂きたいです。

ミールタイム焼餃子

作り方

材料(2人分)

ミールタイム焼餃子 6個(96g)
青梗菜 短冊切り(100g)
しめじ ほぐす(60g)
春雨 ざく切り(30g)
もやし 40g
A 鶏がらスープのもと 小さじ4(10g)
500ml
1g
しょうゆ 2g
ごまペースト 20g
すりごま 少々(0.2g)
ラー油 少々(0.2g)

ポイント

ごま風味豊かでラー油のアクセントもきいているため、減塩でもおいしく頂けます。 ごまは外皮が固く、生で食べるのは消化に良くありませんが、今回は消化・吸収の良いごまペーストとすりごまを使用しました。 ごまの脂質は不飽和脂肪酸を含みますので血中コレステロールの上昇を抑える働きがあります。 野菜とごま風味豊かな中華風の餃子鍋をお試しください。

  • 1

    青梗菜は3~4cmの短冊切りに、しめじは石突きを除きほぐし、春雨は3~4cmになるようにざく切りにします

  • 2

    鍋に1ともやしと【A】を入れて加熱し沸騰をさせます。

  • 3

    2にミールタイム焼餃子を入れて再び沸騰したら、ごまペーストを入れ火を止めます。

  • 4

    しょうゆを加え味を調え、すりごまとラー油を少々入れて完成です。

栄養成分

  • エネルギー
    240kcal
  • ナトリウム
    542mg
  • たんぱく質
    6.2g
  • カリウム
    400mg
  • 脂質
    11.0g
  • 食物繊維
    3.7g
  • 炭水化物
    30.6g
  • 食塩相当量
    1.3g
管理栄養士紹介
聖隷浜松病院 管理栄養士 佐々木達雄先生

聖隷浜松病院
管理栄養士 佐々木達雄先生

  • 北里学院卒業後、社会福祉法人聖隷福祉事業団に入職し病院や特別養護老人ホーム等様々な経験を経て聖隷浜松病院に現在配属。 現在は入院中の患者食や、特別献立、また季節による行事食を提供している。
  • 患者向けの勉強会では、資料だけでなくテーマに沿った食品を配布する等、即実行できるような栄養指導を心掛けている。

佐々木 達雄先生が考案した他のメニュー

腎臓病    たんぱく質 8g未満、カリウム 500mg未満のレシピ

糖尿病性腎症    たんぱく質 10g未満のレシピ

※腎臓病や糖尿病性腎症は疾病の進行度合いや体重によって指示量が異なります。
 各メニューの栄養成分を必ずご確認の上、かかりつけの医師、管理栄養士からの指示量を遵守できるようにしてください。

※上記の推奨はファンデリー独自の基準をもとに設定しております。疾病の改善を保証するものではありません。(監修:管理栄養士 駒林 真理子)