万能調味料『黄金の味』を使ってかんたんおいしい減塩メニュー

鮭のムニエル 黄金ソースがけ
  • 糖尿病
  • 高血圧

大阪市立総合医療センター 管理栄養士 宮下智子先生が考案!

鮭のムニエル 黄金ソースがけ

カロリー 240 kcal
塩分 1.0 g

※1人あたりの計算量です。

調理時間
15分
疾病
高血圧
糖尿病
社名
エバラ
商品名
黄金の味 中辛
病院名
大阪市立総合医療センター
栄養士

『黄金の味』は少量でもしっかりした味付けができるので、他の調味料とも組み合わせながら使用できます。塩分を控えた料理でもバリエーションは様々です。洋風でも和風でもどんな料理にも合うので、いろいろな料理に使用してみてください。

黄金の味 中辛

作り方

材料(2人分)

鮭(甘口がおすすめ)

2切れ(160g)

0.1g

こしょう

少々(0.1g)

小麦粉

大さじ1強(10g)

バター

大さじ1弱(12g)

A

黄金の味(中辛)

小さじ2(12g)

マヨネーズ

小さじ2(10g)

ケチャップ

小さじ2(12g)

ブロッコリー

1/2個(90g)

ミニトマト

4個(40g)

ポイント

下味の食塩を少なくしていますが、鮭の塩気と黄金の味のソースでおいしく召し上がっていただけます。黄金の味が甘味、コクをプラスしてくれるので、マヨネーズ+ケチャップのオーロラソースをさらにおいしくしてくれます。このソースはお肉料理にもよく合います。

  • 1

    キッチンペーパーで鮭の水気をふきとり、塩・こしょうで下味をつけます。

  • 2

    1に小麦粉をまぶし、余分な小麦粉を落とします。

  • 3

    フライパンにバターを入れ、2を中火で両面焼きます。

  • 4

    [A]をよく混ぜ合わせます。

  • 5

    ブロッコリーを小房に分け、下ゆでします。ミニトマトは半分に切っておきます。

  • 6

    3の鮭に4のソースをかけ、5のブロッコリー、ミニトマトを添えます。

栄養成分

  • エネルギー
    240kcal
  • ナトリウム
    367mg
  • たんぱく質
    20.8g
  • カリウム
    550mg
  • 脂質
    12.3g
  • 食物繊維
    2.6g
  • 炭水化物
    11.0g
  • 食塩相当量
    1.0g
管理栄養士紹介
大阪市立総合医療センター 管理栄養士 宮下智子先生

大阪市立総合医療センター
管理栄養士 宮下智子先生

  • 平成4年3月 甲子園大学 栄養学部 卒業
  • 平成4年4月 医療法人錦秀会 阪和泉北病院 入職
  • その後、大阪市職員として病院、保健所、保健福祉センターにて勤務後、平成24年4月より現職

宮下 智子先生が考案した他のメニュー

  • 黄金きのこソースのお好み焼き

    黄金きのこソースのお好み焼き

    調理時間
    20分
    カロリー
    400kcal
    塩分
    1.6g
    大阪市立総合医療センター 管理栄養士 宮下智子先生

    高血圧 / 糖尿病

    大阪市立総合医療センター

    宮下 智子先生

  • 鶏肉の梅しそ焼き

    鶏肉の梅しそ焼き

    調理時間
    20分
    カロリー
    240kcal
    塩分
    1.2g
    大阪市立総合医療センター 管理栄養士 宮下智子先生

    高血圧 / 糖尿病 / 脂質異常症

    大阪市立総合医療センター

    宮下 智子先生

高血圧    塩分2.0g未満のレシピ

糖尿病    エネルギーが6単位(480kcal)以下のレシピ

脂質異常症    コレステロール100mg以下、および「コレステロールを上げる食品」に分類される食品が材料に含まれないレシピ

※上記の推奨はファンデリー独自の基準をもとに設定しております。疾病の改善を保証するものではありません。(監修:管理栄養士 駒林 真理子)