万能調味料『黄金の味』を使ってかんたんおいしい減塩メニュー

玉ねぎといわしのグラタン風重ね焼き
  • 脂質異常症
  • 糖尿病
  • 高血圧

横須賀市立うわまち病院 管理栄養士 河野好江先生が考案!

玉ねぎといわしのグラタン風重ね焼き

カロリー 400 kcal
塩分 1.8 g

※1人あたりの計算量です。

調理時間
20分
疾病
高血圧
糖尿病
脂質異常症
社名
エバラ
商品名
黄金の味 中辛
病院名
横須賀市立うわまち病院
栄養士

りんごや香味野菜などのうま味が活かされており、しっかりした味ですが食塩相当量は低く、和洋中のどの料理にも合わせやすいです。また、フルーツやはちみつなどによる自然な甘みなので、安心して召し上がっていただけます。魚料理では臭みを取ることもできるので、魚が苦手な方でも食べやすくなります

黄金の味 中辛

作り方

材料(2人分)

いわし

3尾(160g)

黄金の味(中辛)

大さじ2(34g)

小麦粉

大さじ1強(10g)

オリーブ油

小さじ2(8g)

玉ねぎ

1個(200g)

オリーブ油

小さじ1½(6g)

小さじ4(20g)

トマト

1個(120g)

ブロッコリー

2房(30g)

ホワイトソース

大さじ5(75g)

牛乳

大さじ5(75g)

粉チーズ

大さじ2.5(15g)

ポイント

乳製品の脂とコクを活用することで調味料を減らすことができ、減塩効果が期待できます。また、トマトを入れることで、トマトの酸味で調味料を少なくすることができます。 いわしに含まれるEPAには動脈硬化予防効果があるため、減塩と合わせて心臓病予防効果が期待できます。いわしはカルシウムとビタミンDの両方が含まれるため、効率的に骨の形成を促すことができ、骨粗鬆症予防をしたい人におすすめです。黄金の味を使うことでいわしの臭みが少なくなるので、魚が苦手という方にもおいしく召し上がっていただけます。

  • 1

    いわしは3枚におろし、半分に切った後、黄金の味で漬け込みます。

  • 2

    フライパンにオリーブ油(小さじ1)を敷き、薄切りにした玉ねぎを炒めます。しんなりしてきたら酒を加えて蓋をし、蒸し焼きにします。

  • 3

    ブロッコリーは小房に切り、茹でておきます。

  • 4

    いわしは汁気を切り小麦粉をまぶし、オリーブ油(大さじ1/2)を敷いたフライパンで焼きます。

  • 5

    耐熱皿に2の玉ねぎ半量を敷き、4のいわしを半量置きます。さらに残りの玉ねぎといわしを重ね、いわしを漬けて残った黄金の味を上からかけます。

  • 6

    くし形切りにしたトマトと3のブロッコリーを5の上にのせます。

  • 7

    ホワイトソースは牛乳でのばし、6に流し込みます。その上に粉チーズをかけます。

  • 8

    7をオーブントースターで約5分、焦げ目がつくまで焼きます。

栄養成分

  • エネルギー
    400kcal
  • ナトリウム
    705mg
  • たんぱく質
    23.6g
  • カリウム
    678mg
  • 脂質
    20.8g
  • 食物繊維
    3.4g
  • 炭水化物
    26.5g
  • 食塩相当量
    1.8g
管理栄養士紹介
横須賀市立うわまち病院 管理栄養士 河野好江先生

横須賀市立うわまち病院
管理栄養士 河野好江先生

  • 神奈川県横浜市出身。玉川大学卒業。
  • 現在、同院栄養科係長を務める。
  • 離乳食指導から高齢者の栄養まで、年間約5,000件もの栄養指導を行っている。
  • 特に循環器入院患者様が多いため、心疾患に対する減塩指導が一番多い。
  • 市民公開講座の講師や栄養士向けの講師等、院外でも幅広く活躍。

河野 好江先生が考案した他のメニュー

高血圧    塩分2.0g未満のレシピ

糖尿病    エネルギーが6単位(480kcal)以下のレシピ

脂質異常症    コレステロール100mg以下、および「コレステロールを上げる食品」に分類される食品が材料に含まれないレシピ

※上記の推奨はファンデリー独自の基準をもとに設定しております。疾病の改善を保証するものではありません。(監修:管理栄養士 駒林 真理子)