化学調味料・食塩無添加『素材力だし®』を使ってだしを活かした減塩メニュー

あじのおろし南蛮漬け
  • 脂質異常症
  • 糖尿病
  • 高血圧

昭和伊南総合病院 管理栄養士 小松原沙織先生が考案!

あじのおろし南蛮漬け

カロリー 240 kcal
塩分 1.7 g

※1人あたりの計算量です。

調理時間
30分
疾病
高血圧
糖尿病
脂質異常症
社名
理研ビタミン
商品名
素材力だし®
病院名
昭和伊南総合病院
栄養士

「素材力だし」は素材の味(だし)だけでできているので、食品本来の味を生かした調理ができます。また、だしをとる手間がいらないので、手軽に減塩料理に挑戦できます。今までの「もう一塩」の代わりに使ってもらうと塩分を抑えつつ満足感のある味付けになります。

素材力だし®

作り方

材料(2人分)

あじ(3枚おろし)

2尾 (180g)

しょうが汁

小さじ1 (5g)

片栗粉

大さじ2 (18g)

サラダ油

5g

大根(おろし)

50g

玉ねぎ

50g

ピーマン

20g

赤パプリカ

20g

万能ねぎ

5g

A

素材力だし® 本かつおだし

1/2本 (2.5g)

200g

50g

しょうゆ

大さじ1 (18g)

砂糖

大さじ1 (9g)

ポイント

あじには下味を付けずにしょうが汁で臭みを消すだけにして塩分を減らしています。あじと野菜は温かいうちに南蛮酢に漬け込むことで全体に味が染みこみやすく、味をしっかり感じられます。だしの香りと酢で減塩でもおいしく召し上がっていただける1品です。

  • 1

    玉ねぎ、ピーマン、赤パプリカは1cm幅の細切りにします。

  • 2

    [A]を鍋に入れ、ひと煮立ちさせます。器にうつしラップをかけて粗熱をとったら冷蔵庫で冷やします。

  • 3

    あじにしょうが汁をふりかけ少し置いたら水気を取ります。半身を3~4等分に切り、片栗粉を薄く付けます

  • 4

    フライパンにサラダ油を敷き、3のあじを両面しっかり焼きます。

  • 5

    あじを取り出したフライパンで1の野菜を炒めます。

  • 6

    2の南蛮酢に4、5を温かいうちに入れ漬け込みます。

  • 7

    皿に盛り付け、水を軽く切った大根おろし、小口切りにした万能ねぎをのせます。

栄養成分

  • エネルギー
    240kcal
  • ナトリウム
    666mg
  • たんぱく質
    20.4g
  • カリウム
    533mg
  • 脂質
    8.5g
  • 食物繊維
    1.2g
  • 炭水化物
    19.0g
  • 食塩相当量
    1.7g
管理栄養士紹介
昭和伊南総合病院 管理栄養士 小松原沙織先生

昭和伊南総合病院
管理栄養士 小松原沙織先生

  • 1986年生まれ、長野県出身
  • 2005年 山形大学入学
  • 2009年 株式会社メフォス入社
  • 2010年 昭和伊南総合病院臨床栄養科入職
  • 2014年 地域糖尿病療養指導士。現在は入院患者の栄養管理・食事相談、外来透析患者の栄養相談、季節に合わせた給食の献立作成などを行う。8月からはNST専従となっている。

小松原 沙織先生が考案した他のメニュー

高血圧    塩分2.0g未満のレシピ

糖尿病    エネルギーが6単位(480kcal)以下のレシピ

脂質異常症    コレステロール100mg以下、および「コレステロールを上げる食品」に分類される食品が材料に含まれないレシピ

※上記の推奨はファンデリー独自の基準をもとに設定しております。疾病の改善を保証するものではありません。(監修:管理栄養士 駒林 真理子)